きらめきに落ちて。

透き通った水に吸い込まれた 何度でもやり直せるよ

私という人間

わたしという人間をわかってみよう

 

今日は朝から街のほうに出かけてお昼にスイーツビュッフェを楽しんでから帰ってきた

午後は主治医が外来日なので出待ちをしておばばのこの後をどうしたらいいか聞いた

 

看護師さんにスイーツビュッフェが美味しかったよって他愛ない話をして楽しかった

主治医にはもっと長期的なこともお母さんと一緒に相談しようと言われた

 

私は長期的なことを考えることが苦手だ

これから先のことを考えるのは1ヶ月が限界ではなかろうか

今直近のことはうまく考えられるようになってきたのにな

人生は長い

10年先も20先も私は生きているのだろう

今日1日を生きられるようになってきた

一瞬一瞬楽しいとか悲しいとか考えてどうにか動いてる

 

私が真っ暗闇をさまよっている時死ぬことばかり考えていた

1寸先は死

閉鎖病棟から出られるようになったら死のうと決意していた

でも私は今開放病棟に居て生きている

 

おばばを見ていると生きていなくてはと強く思う

人を悲しませてはいけない苦しませては生けない

神様からお迎えがくる最後まで一生懸命生きないとだと思った

1人の人間だと思っていてもみんなに見守られて生きているのだ

私はみんなが苦しめばいいと思っていた

絶望の淵にでもいってしまえばいいと思っていた

でもそれはもう過去のこと

 

 

私は長期的なことを考えられるようになりたい

前も書いたことがあると思うけど10年後のことさらには人生を見通せるようになりたい

 

思考を深めて日々を想おう

生きている愛されてる幸せを感じよう

それが生きる源になるから

 

おわり