きらめきに落ちて。

透き通った水に吸い込まれた 何度でもやり直せるよ

瀉血とさようなら

今病院のスタッフさんに手伝ってもらって

ピンク針の処分をしている

大好きな看護師さんのところに5本ずつもってて捨ててもらってる

これでたい焼き何匹食べれるかねぇなんて話しながら

 

ホントは一気に処分してもいい気がするけど

大好きな看護師さんにちょっとずつ捨ててもらったらまた買うことはないかなって思ってる

あなたの優しさが心に突き刺さるから、裏切りたくないの

 

ハーべーを操作する優越感に私は浸っていたのかもしれない

わたしの瀉血はリッターで抜くからすぐに重度の貧血になっていく

貧血だと白くなってめまいがしてまともに歩けない、そんな不幸な私がかわいかった

かわいいと思ってた

かわいそうな私を貧血という手段でアピールしていた

 

彼女は私が健康になっても私の応援団だと言った

 

良くなって行く私を見て喜んでくれるだろう

それを信じてみよう

 

 

おわり