きらめきに落ちて。

透き通った水に吸い込まれた 何度でもやり直せるよ

なんで腕を切るの?

前に進むため。つらさを切り離してこれから生きていくため。

 

私には特別つらい子供時代の記憶はない

今思えばあーあれが辛かったのね寂しかったのねって思う程度の記憶はあるけど

特別虐待をされたわけじゃないから小さな悲しみの積み重ねが私を弱らせてしまったのだと思う

 

私は悲劇のヒロインになりたい

だから私の病名は私が悲劇のヒロイン症候群と愛されたい病だって名付けた

 

愛されるためには病気が必要だっていう考えがこびり付いていて私は自分の命を危険に晒す行動をとる

それは周囲からは中途半端な自殺未遂だととらえられる

違う、私はかまって欲しいからわざと危ないことをするんだ

それで死んでしまってもやむを得ないという心がまえを持ちながら

 

私の行動は最初は小さなものだったけれどどんどん派手になってきている

そのせいで腕1面が傷だらけだったり大掛かりな手術の経験があったり強力な薬を飲まなければいけなくなったりしている

 

なにが楽しいのだか私にも分からない

でも病気になれば特別扱いされる、そう疾病利得が私を突き動かすのだ

 

私自身でコントロールできないこの行動たちこそ病気の証拠なんだろな