読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらめきに落ちて。

透き通った水に吸い込まれた 何度でもやり直せるよ

閉鎖病棟での生活

閉鎖病棟にきて2週間以上が経ちました

2月から閉鎖病棟にきたつもりでしたが1月の終わりには私はもう閉鎖病棟に居たようです

 

薬を飲まなかったりすると気分が高揚してヤバイなと思う時もありますが、開放病棟でなった笑い袋のようにゲラゲラ笑い続けるような状態ではありません

今回の躁状態について主治医からはステロイド精神病ではないかと言われました

抗うつ薬がきっかけになったとしても切ってしばらく経ちましたが気分が高揚する感覚がたまにあります

 

抑うつがベースな人間なので気分が上がると戸惑ってしまいます

でも世の中の陽性なものを持った人たちはいつもこんな気分でいるのかななんて思うと私はちょっと損をした気分になります

でも私は落ち着いた寡黙な人間でいたいのです

それでひっそりと気ままに暮らせればいいのです

 

閉鎖病棟に来てからこの環境に居るということがストレスなのか白髪が増え便秘になりにきびが一気にでてきて唇の皮がベロベロむけるという現象が起きています

体も敏感に反応してずいぶん素直になったもんだなぁと感心しています

 

閉鎖病棟という環境だからかお話を聞いてもらうという文化がなくて私の気持ちを話せずにいます

看護師さんに声をかければ聞いてくれるんだけどいざ改まって気持ちを話すとなるとなんだか難しいのです

私自身、自分の気持ちにあまりスポットライトを当てず日常に紛れる生活を送っているのですが

気持ちを感じることができるので日々溜まっていくものもあります

 

開放病棟の大好きな看護師さんのポケットに私を仕舞ってほしいということを最近は考えています

ずっとそばに居たいのです

会えないことが辛すぎて昨日の夜なんてビービー泣いていました

でもそうやって気持ちを出せたことで昨日はよく眠れました

 

閉鎖病棟で私はよく看護室に居座っています

師長さんの隣の席を陣取って一日中いろんな看護師さんとくだらない話をしています

そんなことをしてても怒られないのが閉鎖病棟のいいところですかねぇ

開放病棟だったら他患の目も厳しいので看護室に居座っても居心地が悪いのです

 

今日は主治医の問診でした

そろそろ開放病棟に戻ろうかって話になったんですが開放病棟は満床なので今日は移れませんでした

でも空き次第移してくれるみたいです

早く戻って看護師さんにつもり募る話を聞いてもらいたいです

 

死にたい気持ちも少しずつ治まってきています

今死に急ぐ必要はないし私はしあわせになりたいんです

 

おわり