読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらめきに落ちて。

透き通った水に吸い込まれた 何度でもやり直せるよ

治療拒否の続き

血液内科

入院1日目のことを前回までに書いたのでその続きです

入院2日目3日目と特にすることもなく過ぎていきました

入院4日目に退院しました

無理矢理わがままを通して、血小板がまだ4万ぐらいしかなかったので致命的イベントが起こるかもしれないと説明をされなにが起こっても自己責任だという念書を書かされ晴れて退院です

 

それで退院して帰宅したのですがなんだか具合が悪い

夜中トイレに起きたと思ったら玄関先でぶっ倒れていました

私の体は本当におかしいんだなと思うと途端に怖くなり一人暮らしが急に心細くなって涙が止まりませんでした

でももといた病院に行くのは癪なので1日我慢したのですがつらすぎてその翌日血液内科を受診しました

そこから再入院です

治療に全面的に協力すること、体が楽になっても自己判断で退院を要求しないことを約束し入院しました

 

入院してからは即点滴が始まりました

しかもにっくきビーフリード!

食事がまともにとれてなかったので栄養状態が悪かったようです

その日は1本でしたが翌日は3本も入れられました

それで発狂する私、情けないです

ごはんをちゃんと食べることを約束し点滴をやめてもらいました

 

2回目の入院は1週間で終わったのですが、私はその間にプレドニンをODするという自殺未遂を行ったり、リストカット未遂をしたりしました

私への信頼はガタガタと下がっていったことでしょう

 

入院当初に約束した退院要求をしないということも破り退院させろと騒ぎました

 

2回目の入院中にも主治医に不信感を募らせる出来事がありました

それは母と祖母を呼び出し私の知らないあいだに話し合いをしたこと

持参薬を整理しないと言ったのに勝手に整理したことです

 

イライラしすぎて涙が止まりませんでした

私の気持ちはすべて無視です

 

ですが前からお願いしてあった近所の病院への転院の手はずは整えてくれたのでそれまでの我慢です

プレドニンは急にはやめられないのでしかたありません

1日分しか処方してもらえないので毎日通うしかありません

副腎クリーゼで死を狙うことも考えたのですがまだ2週間しか飲んでないので3週間飲んでから副腎クリーゼの起こる可能性を上げてから中止しようと思います

 

おわり