読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらめきに落ちて。

透き通った水に吸い込まれた 何度でもやり直せるよ

ITP疑い

こんばんは、みずです

最近の出来事について書いていきます

 

2週間前に40度近い高熱がでたので近くのクリニックに行ったら血液検査やら尿検査やらCT、レントゲンが行われました

その血液検査の結果が異常値だらけということで急遽大きい病院に救急転送されることになり入院になりました

そこでの入院は1晩で翌日さらに大きい病院に救急転送されました

そこで3泊4日の入院をして無理言って退院して帰宅するも体調を崩しすぐさま再入院となり1週間入院しました

 

診断はITP(特発性血小板減少性紫斑病)疑いでした

確定診断のために全身の精査が必要と言われましたが私は検査、点滴、輸血あらゆることを拒否しました

 

検査は胃カメラとか大腸検査とか婦人科系の検査とかをする予定だったみたいです

それがものすごく嫌でした

出血箇所を調べるためにやるみたいだったのですが、私の貧血は自傷によるものなので内臓から出血してるわけがないのです

胃痛や血便もないし体はクリーンなはずです

だから検査をして出血原因がわからないとなるのが嫌だったのです

それってなんか恥ずかしいから

 

点滴は食事がとれてなかったので高カロリー輸液を最初は入れられていました

私は摂食障害も持っているので血管内に容赦なくカロリーが送り込まれてることが発狂しそうなほど許せなくてもう無理だ太りたくないと泣きついて点滴をやめてもらいました

 

輸血はだれかの血液が私の体に入ってくるということがとてつもなく気持ち悪く感じたし、なによりせっかく自傷して下げたヘモグロビン値をいとも簡単に回復させられるということが恐怖でした

それに人様の善意の血液をまた自傷することによって捨てることになるようになる気もしたのでとてもじゃないけど輸血するわけにはいかなかったのです

 

そんなこんなで確定診断はついていません

でも先行治療でステロイド療法が始められてその効果は出ているので、やっぱり免疫が血小板を壊してたのかな?という見解にはなっています

 

素直に治療を受ければいいものも、精神的な問題がそれをはばかり、折り合いをつけるのことができず最終的には治療拒否という形になってしまいました

我ながらめんどくさい人間だと思います

 

治したいですとか頑張りますとか胸張って言えなくてこれで死ねるなら本望なんて思ってしまう私は不届き者ですね

死にたい気持ちと生きたい気持ち、両方あるからこそすごく迷うし苦しいんだと思います

 

血液内科入院中にもいろいろ心が傷つくような出来事があって私はもうズタボロです

精神的につらくなっているから死にたい気持ちも強くなってきていて自暴自棄になっています

 

ありがたいことに私の周りには私を心から心配してくれる方がたくさんいます

その人たちを裏切らないためには治したいと思います

でもその決断をすることが怖いんです

 

おわり